度付きスポーツサングラス

  • 度付きスポーツサングラス
  • スポーツサングラス
  • 度付きスポーツサングラスとは
  • グラスヒュッテは駆込み寺?
  • ご相談からできあがりまで
  • ご相談ランキング
  • 納品実績

TOP納品実績 > アタカマ砂漠マラソンサングラス

キーワードで検索する  

アタカマ砂漠マラソンサングラス

2017-08-30

アタカマ砂漠マラソンサングラス

 

3年ほど前に書いた

こんな記事を覚えていらっしゃいますか?

 

▼南極マラソンサングラス

http://www.glashutte.jp/cgi-bin/user/page.cgi?act=page&id=4&sh=

 

今回はこの南極マラソンを含む

4desartのうちの1つ「アタカマ砂漠」を走る、

アタカマクロッシングに出場する

というお客様にご来店頂きました。

 

公式HP▼

https://www.4deserts.com/atacamacrossing/

 

レースの舞台となるアタカマ砂漠は、

チリのアンデス山脈と太平洋の間にあります。

 

調べてみるとアタカマクロッシングは

1日の温度差50℃、平均高度2000mという条件下で、

水以外の各自の荷物およそ10kgを担ぎ、

7日間で250kmを走ります。

 

 

そんな過酷なレースを共に走るサングラスが

満たすべき条件は以下の3つ。

 

①光の透過率10%以下(遮光率90%以上)

②サングラスと顔との隙間が少ない

③度付きレンズ対応

 

 

これらを満たし、お選び頂いた

サングラスがこちら▼です。

モデル:オークリー フラック2.0

レンズ:ブラックイリジウムポラライズド

 

 

①可視光線透過率10%以下(遮光率90%以上)

可視光線透過率9%乱反射による

「ぎらつき」(=まぶしさ)を抑えられる

ブラックイリジウムポラライズドとなりました。

 

②サングラスと顔との隙間が少ない

→サングラスとの隙間が少なくなると

光を遮る効果はもちろん、砂塵・風の巻き込みによる

影響を軽減することもできます。

 

ただし、度付きレンズはあまりにも眼とレンズが

近づきすぎると見え方に影響が出ることもあります。

フレームを選ぶ際に

事前に調整・テストを行う必要があります。

 

③度付きレンズ対応

→スポーツサングラスを使用する場合に、

普段メガネをしている方は

コンタクトにするか度付きレンズにするか悩みどころです。

 

しかし、今回は砂漠でのレースです。

コンタクトを毎日付け外しすることはもちろん

砂が目に入ったり、レンズが外れてしまった場合に

探し出すことは不可能です。

 

そのため、今回はレンズ自体に

度をつけることになりました。

 

フラック2.0は現在、販売のある

オークリースポーツサングラスなかで、

最も製作範囲が広いため

多少メガネの度数が強い方でも対応ができます。

 

 

 

今回、出場されるアタカマクロッシング2017は

10月1日からスタートとのこと。

 

これまでに出場された方々のブログを拝見すると

本当に様々な出来事やドラマがあるようです。

 

無事、ゴールできるよう

日本から応援したいと思います!

 

お戻りの際にはぜひ、お話を聞かせてくださいね。

 

 

こちらについてのご相談は

深谷までお声掛けくださいませ。

 

 

 

前のページへ戻る

この記事へのお問合わせ

お電話は052-962-8008

必要事項をご記入のうえ、お問合わせください。
なお、受付時間外のお問合わせにつきましては、返信までに通常よりも時間をいただきますことをご容赦ください。

は必須項目です)

件名

ご氏名
お電話番号

メールアドレス

お問合わせ内容

   

メールを受信次第、折り返しご連絡させていただきます。ありがとうございました。
 
 

個人情報保護についてはこちらをご覧ください。

ページトップ