度付きスポーツサングラス

  • 度付きスポーツサングラス
  • スポーツサングラス
  • 度付きスポーツサングラスとは
  • グラスヒュッテは駆込み寺?
  • ご相談からできあがりまで
  • ご相談ランキング
  • 納品実績

TOP納品実績 > メガネ・サングラスがずれ落ちるお客様へ ノーズパッドカスタム④

キーワードで検索する  

メガネ・サングラスがずれ落ちるお客様へ ノーズパッドカスタム④

2017-07-23

メガネ・サングラスがずれ落ちるお客様へ ノーズパッドカスタム④

メガネは調節ができるのに

サングラスはどうして調節ができないんだ!

と、段々ずれ下がるサングラスを

使いながら思ったことはありませんか?

 

もしかしたらそのお悩み、解決できるかもしれません。

 

 

グラスヒュッテでは、これまでもノーズパッドの

カスタマイズをいくつかご案内してきましたが、

今回は愛用者も多い

オークリーのサングラスを例にご紹介します。

 

惜しまれつつ廃盤となったオークリー ピットブル。

 

まず搭載されているアジアンフィットの

ノーズパッドでピットブルを着用してみます。

 

▼正面

 

▼上から

 

▼横

 

眉下に隙間がなく、

サングラスがお顔に密着しています。

 

いくらお顔への高いフィット感が特徴といえど

ここまで隙間なく密着しているとまつげや頬のあたり、

レンズの曇り・汚れが気になりそうですね。

 

せっかくのサングラスも

このままでは使うだけでストレスになりそうです。

そこでノーズパッドをカスタマイズ!

(もちろんメーカー修理が可能なやり方で、です。)

 

カスタマイズしたノーズパッド(大ノーズパッド)を

装着し改めてサングラスを着用してみます。

 

▼正面

 

▼上から

 

▼横

 

先ほどと比べ、上から見たときに眉毛との間に

隙間ができているのがわかりますか?

頬ではなくしっかりと鼻で、

サングラスをかけていないと

べったりくっついてしまうのでこうはなりません。

 

正面・横から見た印象に大きな変化はなく、

パッと見ただけではノーズパッドを

カスタマイズしていると気づかれなさそうですね

 

ここで、ノーズパッドだけを見てみましょう!

 

▼アジアンフィット

▼大ノーズパッド

 

左:アジアンフィット 右:大ノーズパッド

 正面

 

▼左:アジアンフィット 右:大ノーズパッド

 上から

 

2つの違いわかりますか?

 

この高さと厚みの違いは

全国からお問い合わせを頂くほど

お顔や鼻へのフィット感が大きく変わります。

 

これがあれば悩まされてきた

サングラスの鼻問題の解決に大きく一歩近くはずです。

 

また、こちらの大ノーズパッドはピットブル以外にも

以下の対応モデルに対応しております。

(2017年7月現在)

 

・CROSSLINKシリーズ(一部除く)

・PIT BULL        ・VALVE   ・TWENTY   

・PIT BOSSⅡ  ・WARM UP ・RPM 

・DROP IN   ・STRAIGHT LINK

 

この大ノーズパッドを試してみたい場合は

まずご使用中のサングラスの

「ノーズパットが取り外せるかどうか」

ご確認をお願い致します。

 

特に、今回ご紹介したピットブルのような

ライフスタイル用大ノーズパッドの場合は

純正ノーズピースの上にカバーを接着する構造です。

 

そのため、土台のプラスチックの部分から

取り外しが出来るかの確認ください。

ご自身で取り外しが出来ないと、

大ノーズパッドに交換出来ない場合もございます。

 

 

こちらについてのご相談は

深谷までお声かけ下さい。

 

 

なお、MAILフォームより

お問い合わせにいただく場合

メールアドレスはPC(google、yahoo など)

アドレスにてお送りくださいますようお願いします。

 

携帯のメールアドレスを記入されますと

フィルタリングなどにより、

折り返しのメールが届かない場合がございます。

ご了承くださいませ。

 

 

 

 

前のページへ戻る

この記事へのお問合わせ

お電話は052-962-8008

必要事項をご記入のうえ、お問合わせください。
なお、受付時間外のお問合わせにつきましては、返信までに通常よりも時間をいただきますことをご容赦ください。

は必須項目です)

件名

ご氏名
お電話番号

メールアドレス

お問合わせ内容

   

メールを受信次第、折り返しご連絡させていただきます。ありがとうございました。
 
 

個人情報保護についてはこちらをご覧ください。

ページトップ