度付きスポーツサングラス

  • 度付きスポーツサングラス
  • スポーツサングラス
  • 度付きスポーツサングラスとは
  • グラスヒュッテは駆込み寺?
  • ご相談からできあがりまで
  • ご相談ランキング
  • 納品実績

TOP納品実績 > 自家用機パイロット用サングラス

キーワードで検索する  

自家用機パイロット用サングラス

2016-04-07

自家用機パイロット用サングラス

今回、旅客機から自衛隊の戦闘機まで幅広く

パイロットの方にご案内するのは

 

レンズの色が変化する

 

調光レンズというレンズです。

 

 

オークリーやルディ・プロジェクトといったスポーツサングラスの中で

ロードバイク用のサングラスに使われることが多い調光レンズですが、

なぜ、パイロットの方にご案内するのか。

 

 

と、その前に重要なのが、

 

『窓がUVカットされているかどうか』です。

 

実は、一般ユーザーの方もご存知でない方がいるぐらいで従来の調光レンズは、

紫外線(UV)が当たることによって色が変わる』ということです。

 

言い換えると、UVカットが入っている窓(例えば車のフロントガラス)では、

どれだけ日差しが強くてもフロントガラスでUVカットされるため

紫外線がメガネ・サングラスまで届かず、色は変わりません。

 

では、なぜパイロットの方に

この調光レンズをおすすめしているかというと、

『濃すぎる色だと計器類が見えにくくなるのではないか』

考えられるからです。

 

 

● 窓がUVカットされている場合、

 

可視光線調光レンズがおすすめです。

 

この可視光線調光レンズというのは従来の調光レンズとは違い、

太陽光(いわゆる眩しさ)で色が変わるため、

操縦中でもマイルドに濃くなってくれて、

計器類が暗く感じることも少ないはずです。

 

ルディ・プロジェクトなど一部のスポーツサングラスでは

この可視光線調光レンズを使っているモデルがございます。

また、メガネ着用者には度付きレンズでの対応もございます。

 

 

● 窓がUVカットされていない場合、

 

従来の紫外線調光レンズ

紫外線が直接メガネやサングラスに当たるため

コクピット内でも真っ黒に濃くなります。

 

もちろん、紫外線の量によって色の濃さが変わるため、

濃くなりすぎず、ある程度見やすい濃さになってくれることも考えられます。

 

 

今まで、レンズの色が変わらない

単色レンズをお使いいただいているパイロットの方には

ぜひ、こちらの調光レンズを一度店頭で体験していただくことをおすすめいたします。

 

 

こちらについてのご相談は、スタッフ 落合までお声掛けくださいませ。

前のページへ戻る

この記事へのお問合わせ

お電話は052-962-8008

必要事項をご記入のうえ、お問合わせください。
なお、受付時間外のお問合わせにつきましては、返信までに通常よりも時間をいただきますことをご容赦ください。

は必須項目です)

件名

ご氏名
お電話番号

メールアドレス

お問合わせ内容

   

メールを受信次第、折り返しご連絡させていただきます。ありがとうございました。
 
 

個人情報保護についてはこちらをご覧ください。

ページトップ